こくベジのじかん - 西国分寺の農業活性化イベント

野菜棚の陳列

野菜棚の裏

野菜棚の俯瞰

4_5_上から

オープン時の野菜棚

野菜棚

野菜棚

野菜棚詳細

野菜棚収納時

既存の木をゲートにした会場入口

行列となった野菜売り場

野菜棚内部から外を見る

コンサートエリア

客席

前日の設営

設営中

設営中

設営中

チラシ表紙

ちらし裏

​武蔵国分寺公園で行われた国分寺エリアの農業紹介イベント「こくベジのじかん」の会場構成、野菜陳列棚を設計した。

完全な円(円周500m)の形状である既存の公園に対して円周160mの会場を計画した。円の中心に野菜販売コーナーを設けることで会場のどの位置にいても野菜が常に視界に入り、野菜へと意識が向かうように設えた。また約25の店舗を一望できることで、目的の店舗以外の店舗に出会う可能性を高めようとした。円の一部は野外コンサートの客席となっており、コンサート会場とマルシェの空間が程よく重なりあうようにした。 

※野菜陳列箱は意匠登録出願中

 

企画・設計: 2017/1~2017/3​

什器製作: 2017/3

イベント実施日: 2017/6/4 

© 2016 by YOSUKE KANEMAKI ARCHITECTS.

オープン時の野菜棚